肌への負担が少ない日焼け止め

紫外線吸収剤による肌への負担

日焼け止めとは、紫外線から肌を守り、日に焼けることを防ぐものですが、近年、その種類は豊富で、どれを選んだらよいのか迷ってしまうことがあるかもしれません。

 

日焼け止めの種類は様々で、汗等で流れ落ちないタイプ、皮脂崩れしないタイプ、テカらないタイプ、ベタつかないタイプ等、それぞれ特徴があります。
そこで、日焼け防止効果が高く、使い心地が良いものを探すと、その結果、ケミカル(合成化学成分)のものになってしまいます。

 

ところで、ケミカルとノンケミカルの違いは、紫外線吸収剤を使用しているか否かの違いです。
紫外線吸収剤は、肌の上で紫外線を吸収して、化学変化を起こし、熱等に変換することにより、紫外線を防止するのですが、これは、酸化防止剤や殺菌防腐剤等と共通する成分です。
したがって、身体にとって良いものとは言えません。
また、肌の上で化学変化を起こすため、肌に刺激を与える場合もあり、傷つける可能性もあります。
そんなことになれば、肌を守るために使用する日焼け止めで、肌を傷つけることになり、まったく本末転倒なことです。

 

また、最近の商品の中には、専用のリムーバーでなければ、きちんと落としきれない日焼け止めも存在します。
このようなものは、一般的なクレンジングの界面活性剤では落とせないほど強力なシリコンが使用されているということを意味し、当然肌に良いはずがありません。

 

日焼け止めは、基本的には毎日使用するものなので、可能な限り、肌への負担が少ないものを選ぶに越したことはありません。
そういった意味では、はやりノンケミカルの日焼け止めがオススメということになります。
ノンケミカル商品には「紫外線吸収剤不使用」とか「ノンケミカル」等の表示がされているので、店頭でチェックしてみてください。

ノンケミカル派も納得の日焼け止め

肌への負担を考えて、普段から、化粧品はケミカルのものを使用しないという方も少なくないかもしれません。
ところが、日焼け止めとなると、迷うところではないでしょうか。
なぜなら、その効果が高いものを選ぶと、どうしてもケミカルなものになってしまうためです。

 

そんな方にも、間違いなく納得していただける商品が、「パックスナチュロン」から出ているUVクリームです。
合成界面活性剤無添加、合成化学物資無添加、パラベン無添加、香料無添加、着色料無添加と、肌に良くない余計なものは、これでもかというくらい省かれています。
そういうわけで、化粧品はノンケミカル派という方にも、オススメです。

 

紫外線予防としては、肌の上で、タルク、酸化チタンとシリカが紫外線をバラバラに分散させ、紫外線が肌まで届かないようにして防止します。
乾燥対策もきちんと考慮されており、シア脂でしっかり保湿してくれます。

 

とは言うものの、ノンケミカル特有の性質から、塗り立ては白浮きが目立ったり、ウォータープルーフではないので、汗等で流れ落ちやすいというデメリットもあります。
それでも、ケミカルを取り除くということであれば、その点は甘受しなければならないということになります。

 

これほどにもケミカルのものを取り除いたナチュラル系商品となれば、その値段が気になるところです。
一般的に、ノンケミカルの商品は高いというイメージがある方も多いのではないでしょうか。
ところが、何とその価格は1,000円以下という安さです。
この価格であれば、毎日使う日焼け止めでも、リピートできるお値段ですよね。
ノンケミカルで肌に優しいことに加え、PA++なので、効果の方もバッチリです。
ノンケミカル派には、願ってもない日焼け止めですね。